« 石原知事では「五輪招致」はほぼ絶望的か!? | トップページ | 大手プレハブメーカーで「保険金不正請求」疑惑 »

2006年9月20日 (水)

竹内陽一氏の「絵画取引疑惑」を報じた雑誌『政界東北』

水谷建設脱税事件で、関係先の一つとして「行政問題研究所」(行研)が家宅捜査されたことから、竹内陽一氏の存在が改めて注目されている。行研は東京都千代田区内幸町のプレスセンター内にあり、『月刊官界』を発行していた(現在休刊)。竹内氏はその時々で肩書きを変えるため判然としないが、この『月刊官界』とともに『財界ふくしま』の実質的オーナーであるのはほぼ間違いない。

本誌でも竹内氏については、初期ルネッサンスの絵画を中心に収集した美術コレクションに関して報じたことがある。入手したリストを見ると、レオナルド・ダ・ヴィンチなどを含む14~17世紀のいわゆる「オールド・マスター」565点がずらりと並び、日本では非常にめずらしいコレクションと言える。

この「竹内コレクション」が本物であれば、評価額200億円というのもまんざらではなかった。ところが、ルポライター七尾和晃氏が執筆したレポート(『月刊現代』05年9月号)によれば、どうやら竹内氏らがイラン人の画商に騙されて、贋作をつかまされたようである。

ある日本人画商が次のようにいう。
「竹内さんのコレクションをまとめて引き取る美術館などがないか探してほしい、という話が私の耳にも入ってきた。その時の言い値はたしか30億円だったと思う。実際の評価額は数百億円と言っているものが、何故10分の1でいいのか、まず不思議だったね。サザビーズなどの海外オークションであれば、言い値30億以上で処分できるわけだから。そうしたら現代の記事でしょ、やっぱりな、と思いましたよ」

別の関係者によると、竹内氏側は、東京電力に対して地元貢献策の一つとして福島に美術館を建てさせ、このコレクションを引き取らせようとしたが、さすがに東電側もこれだけは飲まなかったようである。そのため、本誌の取材に応じてくれた画商の耳にも「竹内コレクション」の話が巡りめぐって入ってきたというわけだ。

それにしても、竹内氏側が贋作と知りながら、東電などにこのような「要請」をしていたとするならば、それこそ飯憤ものと言えよう。

ところで、竹内氏の絵画取引の一端を知る上で興味深い記事が雑誌『政界東北』(05年9月号)に掲載されていた。大同ほくさん(本社・大阪)の青木弘社長(当時)らが95年、子会社を通じてレンブラント風の肖像画を9000万円で購入。その相手というのが、まさに竹内氏だったというのだ。同記事によれば、竹内氏が青木社長のスキャンダルを嗅ぎ付け、公表しない見返りに絵画を買わせたという。この絵画購入問題については、前社長の水島茂氏が特別背任などで東京地検に告発している。しかし、絵画取引時に竹内氏が株主でなかったため、商法違反に問われなかったという。

また、問題の肖像画が「レンブラント風」というところがミソで、「二束三文」つまり贋作だった可能性が大なのだが、東北大学文学部教授の「鑑定書」が付いていたため詐欺事件にも発展しなかったという。実は、この東北大学教授こそ竹内氏の依頼で、前出のコレクション565点をヨーロッパなどで実際に買い付けた人物なのである。

いずれにしても、「竹内コレクション」なるものが、どのような目的で使われたのかを示唆する興味深い記事である。

« 石原知事では「五輪招致」はほぼ絶望的か!? | トップページ | 大手プレハブメーカーで「保険金不正請求」疑惑 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 石原知事では「五輪招致」はほぼ絶望的か!? | トップページ | 大手プレハブメーカーで「保険金不正請求」疑惑 »

「真相レポート」発刊のお知らせ


  • 「東京アウトローズ」創刊から15年。編集長・奥村順一と「財界展望」(現ZAITEN)編集部の元メンバーがここに結集し、新媒体『真相レポート』を発刊します。われわれの強みは、企業スキャンダル、経済事件などの分野で他の追随を許さない情報ネットワークと、何をも恐れない意志力にある、と自負しています。今後の展開にご期待ください。
  • http://shinsou-report.com/

Twitter@奥村順一


  • 編集長・奥村が裏情報などいろいろとつぶやきますので、よろしければフォローお願いします。
  • @TokyoOutlaws | Twitter

内部告発・情報提供を求む

  • 内部告発・情報提供はFAX 03-5837-4872 もしくはtokyo-outlaws@nifty.comまでお願いします。本誌スタッフが取材し、記事化いたします。

アウトサイダーズ・レポート


  • 「東京アウトローズ」でエナリス粉飾決算事件などを報じた半田修平が独立。「総提灯記事化」するマスメディアに対抗し、〈インサイダー〉とは一線を画した言論を展開する。
  • OUTSIDERS report

Twitter@東京アウトローズ


  • マルクス主義を標榜する編集長・奥村順一が独断で展開する「東京アウトローズ」裏バージョン。反米・日米安保粉砕。安倍極右政権打倒、沖縄辺野古新基地建設阻止、在日米軍は即時撤退せよ。多国籍企業を利する「日米FTA」交渉に断固反対。非正規労働者の党と反資本主義潮流を。体制の補完物である大手メディア批判、そして全世界で闘う人民大衆の動きにも眼を向けていきたい、と思います。私たちは独自の視点から大企業・独占資本の不正をあばく「戦闘的ゲリラ・マガジン」を目指します。
  • Twitter@東京アウトローズ

訪問者


「原発利権」白川司郎による言論弾圧弾劾!!

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

広告

無料ブログはココログ