« 村上ファンド、ドリテク株をさらに大量処分 | トップページ | 再開のお知らせ »

2006年1月 6日 (金)

平成電電の「自社ネットワーク網」に関する内部文書を入手

DSCN0439本誌は、みずほマネジメントアドバイザリー(MHMA)が作成した「平成電電会社に関するご案内」という文書を(=左写真)入手したことを既に明らかにしている。この文書については、『財界展望』06年2月号で本誌・鈴木順もふれているが、紙数の関係で詳細な内容を公開することは出来なかった。

同文書は、MHMAが05年10月24日付で平成電電のスポンサー候補に提示したものである。平成電電側から提出された資料にもとづきMHMAが作成、全部で10ページになっている。

その中身は以下の5項目で構成されていた(=左下写真)。
①事業内容
②自社ネットワーク網
③CHOKKAおよびADSL加入者数推移
④事業収支
⑤CHOKKA事業の収益率

DSCN0442中でも注目されるのが、「自社ネットワーク網」に関する記述である。周知のように、平成電電は「平成電電匿名組合」を通じて490億円にのぼる巨額資金を集め、通信設備に投資したとされてきたが、その実態はこれまで明らかになってこなかった。

同文書によると、平成電電のネットワーク網は、全国基幹網11000km(光ファイバーIRU契約、一部WDM化、伝送速度30ギガ)、地域網22000km(NTTGC局間のファイバー網)、交換機∑14台(収容能力150万チャンネル)、遠隔集線装置(NTTGC局2220局に4644台、うち1166台はADSL用DSLAM専用装置)で構成されている。

「全国基幹網」には250台の伝送装置、「地域網」には3300台の伝送装置が設置されているほか、NTT局舎2220局に設置された遠隔集線装置(RT装置)4644台は以下のような内訳になっている。

Samsung製Acemap  2334台
Lucent製AnyMedia 1144台
NEC製AM32    1166台 

こうした設備・機器を平成電電は、匿名組合などからのリースでまかなってきたとされ、そのリース債務は842億円に達すると見られる。ただ、ここで注意が必要なのは、あくまでも平成電電側が出してきた数字であり、第三者による検証がおこなわれたものではないということである。

平成電電被害者対策弁護団によれば、匿名組合の管理・運営をしていた平成電電システム、同設備の2社は依然として検査を拒否しているという。490億円もの巨額資金が何に使われたのか、その実態解明が急がれる。

« 村上ファンド、ドリテク株をさらに大量処分 | トップページ | 再開のお知らせ »

コメント

HDD-S熊本さん。あんたがやましい事をしていないならば、正々堂々と、調査、検査に応じなさいよ。裁判所の決定にも拘らず拒んでいるという事は、明らかに己の悪行を認めている事になるじゃないか。あまり汚い抵抗はしない方がいい。

注:  ↑

こういうのは捕まるから気を付けてね。。。

東京アウトローズ様、二つ先の書き込み1/7午後08時03分を削除してください。
ふざけてHDD社員を語り大変申しわけない事を致しました。深く反省しています。社員の皆さん。お許しください。

なんだ、ちゃんと設備投資してるのですね。
それなのに匿名組合出資者は詐欺師呼ばわりしてる。勝手な奴らだ。

平成電電の工作員がここにも…

工作員とか決めつける恥ずかしい真似はやめましょう。

http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20060106ig91.htm

もっと早くやっていれば、こんないんちき詐欺投資商品にひっかからなかったのにな。。。熊も砂もいつまでもしかとしないで、いい加減正直なことを吐けば?

更新は無いのかな?

更新とまっとんねんけど

つまらん
ライブドアのネタとかねえのかよ

本当に更新無いな。まさかライブドア株を信用で限度枠ギリギリまで買っていたとか(藁

明日から如月だぜ、きっと更新されますよ。

まさか、ライブドアの信用枠一敗なんて・・・

売りから入ってるんなら、分かりますが。

2月になったのに、まだ更新されていない。

どうしたのですか?

金で解決しちゃったか・・・

いずれ、更新されるだろう。

きっと、海外出張取材、アメリカ、ス

イス、イギリス、香港などに行ってい

るのでしょう。

ところで、本文に丸囲み数字は使わないでほしいですな。機種依存文字ですから。

結構面白いニュース配信で楽しみにしていましたが、更新無し、どうしたんでしょうね?ニュースソースはたくさんあると思いますが。早く情報発信してください。

実は今、装置代金の未納でNECから訴訟を起こされそうになっています。
払えないのなら既に現用中の装置まで引き揚げると圧力をかけられています。
現場は事情がわからずに右往左往しています。
装置の購入資金は平成電電設備が集めたお金で賄われているのではなかったのでしょうか。
匿名組合の出資金は装置メーカーには渡っていなかったのでしょうか。

そうです。カネは渡っていません。NECの債権は50億円を超えています。NECはご承知の通り、電機7社の中で唯一業績が悪化していますから、会社側も必死です。担当は訴訟を起こすでしょう。

それにしても、本欄の鈴木順クンは何をしているんでしょうか?。更新なしでは、カネで解決してしまったのか、と思いますよね。

やっぱかねか

残念

そりゃNECからフルペイアウで設備なんかがリースしたものを平成電電に又貸ししてんだから
リース料を支払えなければ差し押さえられるのは当たり前。

民事再生では抗弁できるはずも無い。

平成電電本体も破産しかないと思うが。

このホームページは一体ドーなってるのでしょうか

電電社内からの情報提供者が退職したから更新されないよ

東京アウトローズさん、本当にどうなってしまったのですか?
別の場所にでも近況流しませんか?
匿名でサラッと。

 カネがすべてだな!!

まだ 再開 されない。

     カネが すべて だな。

       ヤマオカ君の 方が マシ だな。

もしかして殺されてもたんか?

大丈夫ですか?
再開期待していますよ。

ぽっこちーんマン

ぽっこちーんマン

ヤマダナオヒロって誰?

東京アウトローズ編集長様、
お気に入りの「平成電電出資被害者結束委員会」、近未來通信被害対策弁護団の弁護士に実名で注意されてる人物が運営してるみたいですけど。この件に関する説明はまだでしょうか?
「東京人脈スクウェアの専門企画部部長と名乗る人物」
http://yama-ben.cocolog-nifty.com/ooinikataru/2006/12/post_6378.html

http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%93%8C%8B%9E%83A%83E%83g%83%8D%81%5B%83Y%81@tojin&lr=

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 村上ファンド、ドリテク株をさらに大量処分 | トップページ | 再開のお知らせ »

「真相レポート」発刊のお知らせ


  • 「東京アウトローズ」創刊から15年。編集長・奥村順一と「財界展望」(現ZAITEN)編集部の元メンバーがここに結集し、新媒体『真相レポート』を発刊します。われわれの強みは、企業スキャンダル、経済事件などの分野で他の追随を許さない情報ネットワークと、何をも恐れない意志力にある、と自負しています。今後の展開にご期待ください。
  • http://shinsou-report.com/

Twitter@奥村順一


  • 編集長・奥村が裏情報などいろいろとつぶやきますので、よろしければフォローお願いします。
  • @TokyoOutlaws | Twitter

内部告発・情報提供を求む

  • 内部告発・情報提供はFAX 03-5837-4872 もしくはtokyo-outlaws@nifty.comまでお願いします。本誌スタッフが取材し、記事化いたします。

アウトサイダーズ・レポート


  • 「東京アウトローズ」でエナリス粉飾決算事件などを報じた半田修平が独立。「総提灯記事化」するマスメディアに対抗し、〈インサイダー〉とは一線を画した言論を展開する。
  • OUTSIDERS report

Twitter@東京アウトローズ


  • マルクス主義を標榜する編集長・奥村順一が独断で展開する「東京アウトローズ」裏バージョン。反米・日米安保粉砕。安倍極右政権打倒、沖縄辺野古新基地建設阻止、在日米軍は即時撤退せよ。多国籍企業を利する「日米FTA」交渉に断固反対。非正規労働者の党と反資本主義潮流を。体制の補完物である大手メディア批判、そして全世界で闘う人民大衆の動きにも眼を向けていきたい、と思います。私たちは独自の視点から大企業・独占資本の不正をあばく「戦闘的ゲリラ・マガジン」を目指します。
  • Twitter@東京アウトローズ

訪問者


「原発利権」白川司郎による言論弾圧弾劾!!

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

広告

無料ブログはココログ