« [ミニ情報]「石原3選阻止」で民主・菅直人氏が知事選に出馬か!? | トップページ | 本誌既報の右翼団体が再び平成電電福岡本社前で街宣活動 »

2005年12月 8日 (木)

葛飾区「指定管理者談合疑惑」追及第5弾

葛飾区文化会館・文化ホールの指定管理者選定を巡り、1位に選ばれたNTTグループが「採算割れ」を理由に、「辞退」を申し入れた8月12日、同区役所に一通の封書が内容証明付きで配達された。

宛先は青木勇・区長、矢野正志朗・同区議会議長、田口哲雄・同区監査委員会事務局長の三氏である。表題は「ご質問と嘆願」。差出人は都内の鳥飼総合法律事務所で、株式会社ケイミックス代理人となっていた。

ケイミックス社は、葛飾区文化国際財団を通じて、13年に渡り文化会館・ホールの総合管理、施設維持業務を受託、運営してきた企業である。そのケイミックスが指定管理者選考に応募しようとして、発注者サイドに立つ中澤明・同区役所企画課係長、杉谷洋一・同課主査に事実上、恫喝に近い形で応募を思い留まるよう指示された経緯は本誌で報道している。そのケイミックス社からの「ご質問と嘆願」である。

その内容を要約すると以下の通りになる。わが社は指定管理者制度の導入に伴い、指定管理者となるべく、第一次選考に参加する方針だった。ところが、平成17年1月7日、当社員が中澤係長に呼ばれ、こう指摘された。
「今関(総一郎・企画課基本計画担当)課長から、なぜケイミックスが選考の説明会に参加するのか、確認するようにとの連絡を受けた。今関課長は、ケイミックスは文化国際財団が指定管理者に指定されるように財団と協力するはずではないのか、と怒っている。参加するなら、今後は、財団に協力しないと考えてかまわないのか」<発注者サイドの権力を露にした恫喝に一業者が逆らえる訳がない>

ケイミックスではこの発言を受け、区長が文化国際財団の理事長を兼務していることもあり、今後も財団が指定管理者に選定され、当社の13年の運営業務の遂行実績から引き続き当社が財団から業務委託を受けることができるものと強く期待し、やむなく説明会への参加を断念した。ところが、財団は落選した。中澤係長はいかなる事情から、前記のような発言をしたのか、また、なぜ説明会への参加を阻止したのか。皆目事情が分からず皆困惑している。是非とも、その点に関する調査と説明を求めたい。また、当社は本件の受託業務のため約60人の従業員を雇用している。多くは葛飾区民である。仮に、17年度で受託業務が終了なら、これらの従業員・家族への影響は甚大なものとなりかねない。これまでの実績を再考して頂き、指定管理者選考についてご配慮を賜りたく、伏してお願い申し上げます。

こうした「ご質問と嘆願」について、ケイミックス社に取材したが「ノーコメント」だった。

区役所職員はこう言う。
「この手紙が来て、内容が分かった時、担当部局はかなり慌てたようだ。何しろ、1位選考のNTTグループが『採算割れ』を理由に、辞退した直後だからね。普通ならあり得ないことだし、それなら今度は2位のシグマになる訳だが、何故かシグマの辞退理由が不明のまま、15日に追加公募を決定し、要項を配布することにした。区当局の“思惑”が完全に外れた、と見られてもしかたがない」

そして事態は思わぬ方向に展開して行く。(続く)

« [ミニ情報]「石原3選阻止」で民主・菅直人氏が知事選に出馬か!? | トップページ | 本誌既報の右翼団体が再び平成電電福岡本社前で街宣活動 »

コメント

待望の第5弾,心待ちにしておりました。文化財団と同じ立場の人間として他人事とは思えません。続報期待してます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« [ミニ情報]「石原3選阻止」で民主・菅直人氏が知事選に出馬か!? | トップページ | 本誌既報の右翼団体が再び平成電電福岡本社前で街宣活動 »

Twitter@奥村順一


  • 編集長・奥村が裏情報などいろいろとつぶやきますので、よろしければフォローお願いします。
  • @TokyoOutlaws | Twitter

内部告発・情報提供を求む

  • 内部告発・情報提供はtokyo-outlaws@nifty.comまでお願いします。本誌スタッフが取材し、記事化いたします。

アウトサイダーズ・レポート


  • 「東京アウトローズ」でエナリス粉飾決算事件などを報じた半田修平が独立。「総提灯記事化」するマスメディアに対抗し、〈インサイダー〉とは一線を画した言論を展開する。
  • OUTSIDERS report

Twitter@東京アウトローズ


  • マルクス主義を標榜する編集長・奥村順一が独断で展開する「東京アウトローズ」裏バージョン。反米・日米安保粉砕。安倍極右政権打倒、沖縄辺野古新基地建設阻止、在日米軍は即時撤退せよ。多国籍企業を利する「日米FTA」交渉に断固反対。非正規労働者の党と反資本主義潮流を。体制の補完物である大手メディア批判、そして全世界で闘う人民大衆の動きにも眼を向けていきたい、と思います。私たちは独自の視点から大企業・独占資本の不正をあばく「戦闘的ゲリラ・マガジン」を目指します。創刊時の「ゲリラ精神」を完全に忘れ、警察権力と癒着し利敵行為に走ったアクセスジャーナル山岡俊介弾劾!
  • Twitter@東京アウトローズ

訪問者


「原発利権」白川司郎による言論弾圧弾劾!!

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

広告

無料ブログはココログ