« 南野建設「108億円」増資に群がった〝譲渡先〟 | トップページ | [ミニ情報]日経ビジネス、平成電電のスポンサー11月最終週にも決定の見通しと報道 »

2005年11月12日 (土)

第3次小泉改造内閣に早くも「レイムダック化」の兆し?!

自民党圧勝を受けて10月31日、第3次小泉改造内閣が華々しくスタートした。しかし、ある永田町関係者は今回の顔ぶれを見て、「まったく小泉らしい人事ができていない」との感想を洩らした。

その第一は盟友・山崎拓の処遇である。山崎は今回、外務大臣を希望し、北朝鮮賠償問題や米軍基地移転問題などの懸案事項に取り組みたかったとされる。しかし、同ポストは麻生太郎にさらわれ、山崎は入閣することさえ出来なかった。しかも、麻生とは同じ福岡県選出で〝長年のライバル〟関係にあった。山崎は「自分は最後なんだから」と不満を周辺に洩らしているという。
「山拓はもはや自分が総理大臣になれないことは分かっている。今回は外務大臣を何としてもやりたかったハズだ。過去に自民党幹事長になっているが、これはあくまでも私党の役職。山拓としては、せめて、副総理・○○大臣という形で終わりたい、と思っていた。ところが、よりによって、ライバル麻生にポストを奪われ、相当不満を募らせている」(前出の永田町関係者)

その第二は小池百合子の環境相留任である。周知のように、小池は地元神戸の選挙区を投げうって、東京10区から出馬。小泉「刺客」作戦の先鞭をつけた〝功労者〟でもある。

「小池自身も官房長官就任にマンザラでもなかった。派手好きの小泉としても、内閣のスポークスマンに小池はうってつけの存在だった。ところが、官房長官には安倍晋三が収まっており、小泉は何らかの理由で自分がやりたい人事をやれなかったのではないか」(同)

このように、山崎・小池の処遇だけを見ても、今回の改造内閣はとても「小泉人事」と言えるようなものではなかった。小泉が圧勝したにも拘わらず、なぜ思い通りの人事ができなかったのか、今のところ真相は〝藪の中〟だが、永田町では現在、森喜朗(森派会長)らが人事に介入した結果ではないか、との説も浮上している。

すでに米ブッシュ政権はイラク戦争長期化などでレイムダック化が指摘されているが、小泉政権もその〝兆し〟が見え始めてきたようだ。(敬称略)

« 南野建設「108億円」増資に群がった〝譲渡先〟 | トップページ | [ミニ情報]日経ビジネス、平成電電のスポンサー11月最終週にも決定の見通しと報道 »

コメント

女性初の官房長官は海部内閣の森山眞弓。
マユミタン萌え。

このネタ元はまるで分かってない。山拓が外相になれなかったのは当然。中国女とのスキャンダルがバレるから。そう、橋龍のようにね。小池にしても、刺客じゃない。彼女が前選挙区の兵庫で戦ってごらん、多分、比例復活だったろうよ。それほど、地元の評判は悪い。その性悪女の本性を見抜いた小泉が、やるだけやって捨てた、というだけの話さ。誰も小池になんて同情しないぜ。やらせ得なんだから。

“藪の中”なら意味が無い。忙しいのだから、こんな記事は掲載して欲しくない。

「山崎・小池の処遇」は別として、今回の人事は留任が多く、小泉の思い通りにできなかったフシは確かにある。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 南野建設「108億円」増資に群がった〝譲渡先〟 | トップページ | [ミニ情報]日経ビジネス、平成電電のスポンサー11月最終週にも決定の見通しと報道 »

Twitter@奥村順一


  • 編集長・奥村が裏情報などいろいろとつぶやきますので、よろしければフォローお願いします。
  • @TokyoOutlaws | Twitter

内部告発・情報提供を求む

  • 内部告発・情報提供はtokyo-outlaws@nifty.comまでお願いします。本誌スタッフが取材し、記事化いたします。

アウトサイダーズ・レポート


  • 「東京アウトローズ」でエナリス粉飾決算事件などを報じた半田修平が独立。「総提灯記事化」するマスメディアに対抗し、〈インサイダー〉とは一線を画した言論を展開する。
  • OUTSIDERS report

Twitter@東京アウトローズ


  • マルクス主義を標榜する編集長・奥村順一が独断で展開する「東京アウトローズ」裏バージョン。反米・日米安保粉砕。安倍極右政権打倒、沖縄辺野古新基地建設阻止、在日米軍は即時撤退せよ。多国籍企業を利する「日米FTA」交渉に断固反対。非正規労働者の党と反資本主義潮流を。体制の補完物である大手メディア批判、そして全世界で闘う人民大衆の動きにも眼を向けていきたい、と思います。私たちは独自の視点から大企業・独占資本の不正をあばく「戦闘的ゲリラ・マガジン」を目指します。創刊時の「ゲリラ精神」を完全に忘れ、警察権力と癒着し利敵行為に走ったアクセスジャーナル山岡俊介弾劾!
  • Twitter@東京アウトローズ

訪問者


「原発利権」白川司郎による言論弾圧弾劾!!

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

広告

無料ブログはココログ