« 大盛工業「株価操縦」事件、弁護士事務所などを捜索 | トップページ | 490億円を集めた「平成電電システム」投資家向け資料を入手 »

2005年10月 4日 (火)

[検証NEC・シンシアの闇]関本街宣事件の真相②

20051004114423〝街宣攻撃〟から約1年が経過した01年4月23日、関本忠弘NEC元会長は、全労共の今井邦雄、市川貴史両氏を「名誉毀損」で訴えた。損害賠償請求額は5000万円。

訴状(=写真)によると、「原告(関本氏)は竹内陽一および紺野みのるとは一面識もない。また、原告は上記両名が主宰しているという『月刊官界』あるいは『国会新報』関係者に対し、極秘文書はおろか、何らの情報も提供した事実はない。従って、原告が上記両名を手先として、NECの社内極秘文書を漏洩したことを前提とする(今井、市川両被告の街宣活動、ビラ配布)は虚偽の事実を適示するもので、重大な名誉毀損に当たる」というのが、訴えの骨子であった。

関係者によると、「関本さんにとって全労共の今井らは、ある意味どうでもよかった。あくまでも狙いは、全労共の背後にいる人物たちを裁判を通じて炙り出すことにあった。すでに関本さんには、その目星がついていた。それで裁判に打って出たわけです」という。

同裁判は公判を重ね、翌02年7月31日には最終弁論が行われた。この日は関本氏自らが証人に立つということで、マスコミ関係者も傍聴に駆けつけた。

まず、被告である全労共議長・今井邦雄氏の証言を、「本人調書」から筆者の責任において要約・再現する。

今井氏は最初に、全労共の設立経緯などを説明しているが、もう1人の被告・市川氏は陳述書の中で「全労共は債権回収などを仕事とし、メンバーは7、8人いたが、今井以外の者は何も分かっておらず、今井の指示で行動していた。芝居のエキストラみたいなものでした。執行委員長という肩書きが付いたからといって、下っ端ということに変わりはなく、今井の指示に従って街宣活動の場所へ行き、旗を振ったり、ビラを配ったり、拡声器で原稿を読んだりしていただけで詳しい内容については全く分かっていませんでした」と述べている。

このように、全労共という組織は表面上、労働組合を名乗っているが、実体は債権回収を生業としている今井氏が主導する団体であった。

その今井氏が、なぜNECに対して街宣活動をするに至ったか、次のように述べている。

①造園業「萩原商会」(95年倒産)の原町共栄クリーンに対する債権1億5000万円を回収するため、交渉に出向いた。
②原町共栄クリーンが「高和」(現シンシア)と関係があることを99年秋に知った。
③原町共栄クリーンの当時の代表者・持田氏と高和の応接室で会い、貸金の扱いについて話したが、静岡在住の塚田竜堂氏に権限があるという回答だった。
④そのため、静岡に何度も足を運んだが塚田竜堂氏とは会えず、持田氏に再度、面談を求めた。その結果、実権は高和の代表者・中西雄三氏にあることが分かった。
⑤中西氏に再三再四、面談を申し入れたが、拒否されたため、自宅へ行き中西氏と会うことができた。その際、中西氏は「近日中に静岡に行って、塚田竜堂氏とあった上で、よく確認して、原町共栄クリーンが払わなきゃいかんというものであれば、ちゃんと話はします」と述べた。
⑥その数日後、中西氏に電話したところ、原町共栄クリーンの債権債務については飯島弁護士に委任した旨を告げられる。
⑦飯島弁護士との面談日を決め出向く。何とか前向きに解決したい、という回答だった。打ち合せが終わり、前橋に帰る途中、中西氏から(今井氏の)携帯電話に会いたいと言ってきた。
⑧高和本社で中西氏と正式な面談を行った。その際、中西氏は「原町共栄クリーンを、高和としては、株式を100%取得して、子会社として建設に向けてやっていこうという矢先に、実は問題がある」と言って、『国会新報』4枚を見せ、「今井さんはご存知ないか」というようなことからスタートした。
中西氏は「(高和は)日本電気の子会社で、ややこしい問題になると手を引かざるを得ない」とも述べたが、そうなると原町共栄クリーンの債権債務は以前の代表者・狩野勝氏の個人保証しかなくなるため、(中西氏には)経営を継続してほしい、と回答した。
⑨この中西氏との正式面談ができる以前に、NEC本社に行き、総務課長と会い、親会社として正式な指導をしてくれと要求していた。
⑩その後、いわゆるNEC内部の問題について、知るところになった。西垣社長と前会長の関本氏、それぞれの配下、部下たちのどろどろとした関係を知り、(00年1月に)抗議文書などを送った。

以上が、今井氏が「なぜ街宣活動に至ったか」を述べた部分である。これは被告側代理人の質問に答えたもので、その点を割り引いて考えなくてはならない。しかし、⑧の「中西雄三社長との正式面談」以降、今井氏の〝攻撃対象〟が、それまでの高和、原町共栄クリーンからNECに切り替わったことは証言から明らかであろう。今井氏は明確には述べていないが、そこには中西社長の〝示唆〟があったことを窺わせる。

さらに、この街宣事件の背景には、原町共栄クリーンを巡る「最終処分場」建設問題が大きく横たわっていた。中西氏が見せた『国会新報』4枚の記事とは、まさに同問題を告発する内容だったのである。

(以下次号、取材・文 奥村順一)

« 大盛工業「株価操縦」事件、弁護士事務所などを捜索 | トップページ | 490億円を集めた「平成電電システム」投資家向け資料を入手 »

コメント

とにかくこの人をよろしくね
株式会社シンシアの 社員 野中めぐみです。
友人紹介します
女性結婚詐欺師プロフィールです。
白蟻社員です。
氏名:今村保子
職場:
株式会社シンシア
東京都品川区南大井6丁目26番3号
大森ベルポートD館6F 〒140-0013
TEL 03-3764-5300(代表)
FAX 03-3764-5347

野中めぐみです。
株式会社シンシア
東京都品川区南大井6丁目26番3号
大森ベルポートD館6F 〒140-0013
TEL 03-3764-5300(代表)
FAX 03-3764-5347

株式会社横浜金沢シンシア
〒236-0004
神奈川県横浜市金沢区福浦一丁目5番2号
横浜市金沢産業振興センター3階
電話 (045)791-7553(代表)
FAX (045)791-7554

あのですね~真面目な話なんですが、うちの会社に、ものすごくアソコが臭いおばさんがいるんです。
その人の名は 今村保子と言います。会社の中西雄三会長の愛人です。結婚詐欺師だよ。白蟻社員です。
この人の後にトイレに入ると嘔吐しそうになるんです。
なていうか・・・オシッコとか、普通の臭いじゃないんです。
納豆をさらに腐らせてアソコにぬりつけて数日間お風呂に入らず放置したような臭い・・・。
最初は、生理かな?って思って我慢したんですけど、どうやら違う・・。
年がら年中同じ臭い!!
会社のトイレはメチャ混みなんです。だから、空いた順から入らないと並んでるみんなに迷惑が・・・。あ!おばさんの後かよ!と思って順番譲るのも失礼だし・・・。
どうしてか、いつも私がおばさんの後なんです。
気持ち悪くなってお弁当が食べれません。
病気なんでしょうか?いいえ多分自慢の香りかも。。。。
みんあ何とかして。。。。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130981/6540081

この記事へのトラックバック一覧です: [検証NEC・シンシアの闇]関本街宣事件の真相②:

« 大盛工業「株価操縦」事件、弁護士事務所などを捜索 | トップページ | 490億円を集めた「平成電電システム」投資家向け資料を入手 »

「真相レポート」発刊のお知らせ


  • 「東京アウトローズ」創刊から15年。編集長・奥村順一と「財界展望」(現ZAITEN)編集部の元メンバーがここに結集し、新媒体『真相レポート』を発刊します。われわれの強みは、企業スキャンダル、経済事件などの分野で他の追随を許さない情報ネットワークと、何をも恐れない意志力にある、と自負しています。今後の展開にご期待ください。
  • http://shinsou-report.com/

Twitter@奥村順一


  • 編集長・奥村が裏情報などいろいろとつぶやきますので、よろしければフォローお願いします。
  • @TokyoOutlaws | Twitter

内部告発・情報提供を求む

  • 内部告発・情報提供はFAX 03-5837-4872 もしくはtokyo-outlaws@nifty.comまでお願いします。本誌スタッフが取材し、記事化いたします。

アウトサイダーズ・レポート


  • 「東京アウトローズ」でエナリス粉飾決算事件などを報じた半田修平が独立。「総提灯記事化」するマスメディアに対抗し、〈インサイダー〉とは一線を画した言論を展開する。
  • OUTSIDERS report

Twitter@東京アウトローズ


  • マルクス主義を標榜する編集長・奥村順一が独断で展開する「東京アウトローズ」裏バージョン。反米・日米安保粉砕。安倍極右政権打倒、沖縄辺野古新基地建設阻止、在日米軍は即時撤退せよ。多国籍企業を利する「日米FTA」交渉に断固反対。非正規労働者の党と反資本主義潮流を。体制の補完物である大手メディア批判、そして全世界で闘う人民大衆の動きにも眼を向けていきたい、と思います。私たちは独自の視点から大企業・独占資本の不正をあばく「戦闘的ゲリラ・マガジン」を目指します。
  • Twitter@東京アウトローズ

訪問者


「原発利権」白川司郎による言論弾圧弾劾!!

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

広告

無料ブログはココログ