« 超売れっ子作家、〝愛人〟の夜逃げで家賃支払いを拒否! | トップページ | 内田雅敏著『乗っ取り弁護士』(ちくま文庫)が発売 »

2005年10月14日 (金)

作家P氏、家賃などの不払いは敗訴確定から2年も!

超売れっ子作家で、文壇長者番付けの常連であるP氏が、女友達のN・Yさんの高級マンション賃貸入居に際し連帯保証人となり、Nさんの失跡後、家賃などの支払いを拒否している事件で、家主側が提訴に踏み切り、P氏の敗訴判決が確定したのは「平成15年10月」であることが13日、分かった。

この敗訴判決は当然、P氏も承知している。しかも、この判決確定から、今月までの2年間、家主側は十数回にわたり、支払い請求書や催告書などを内容証明付きでP氏に送付している。

ところが、P氏からはナシのツブテ。それどころか、「何の連絡もよこさず、家主側を見下したような態度が見える」(事情通)との指摘さえある。敗訴判決の確定で、P氏が支払うべき額は百数十万円である。長年にわたり文壇長者番付けの常連であり、ベストセラーも連発し、立派な不動産も所有するP氏が百数十万円を支払えないような家計の状態にある、とは考え難い。

判決によると、Nさんは平成7年4月に入居している。そして、同15年春に、家賃などを未納のまま行方不明となっている。家主側は、Nさんの本籍地である北海道など関係箇所を当たったが、結局、その消息は掴めていない。

この話を聞いた文壇関係者は次のように語る。
「Pさんは高学歴の常識家。読者層はサラリーマンからOL,経営者など幅広い。エッセィなども巧みにこなす。資産も当然、それなりに所有してますよ。敗訴判決が確定している以上、まともな国民なら、支払いますよ。家主側に非がある訳じゃないんですからね。何故、(Pさんにとっては)こんな小額のお金を支払わないのか理解に苦しみますな」

家主側は10月中に、P氏の資産差し押さえを検討している。そうなれば、一般マスコミの好奇の目にさらされることは確実なのだが・・・・。

« 超売れっ子作家、〝愛人〟の夜逃げで家賃支払いを拒否! | トップページ | 内田雅敏著『乗っ取り弁護士』(ちくま文庫)が発売 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130981/6541112

この記事へのトラックバック一覧です: 作家P氏、家賃などの不払いは敗訴確定から2年も!:

« 超売れっ子作家、〝愛人〟の夜逃げで家賃支払いを拒否! | トップページ | 内田雅敏著『乗っ取り弁護士』(ちくま文庫)が発売 »

Twitter@奥村順一


  • 編集長・奥村が裏情報などいろいろとつぶやきますので、よろしければフォローお願いします。
  • @TokyoOutlaws | Twitter

内部告発・情報提供を求む

  • 内部告発・情報提供はFAX 03-5837-4872 もしくはtokyo-outlaws@nifty.comまでお願いします。本誌スタッフが取材し、記事化いたします。

アウトサイダーズ・レポート


  • 「東京アウトローズ」でエナリス粉飾決算事件などを報じた半田修平が独立。「総提灯記事化」するマスメディアに対抗し、〈インサイダー〉とは一線を画した言論を展開する。
  • OUTSIDERS report

Twitter@東京アウトローズ


  • マルクス主義を標榜する編集長・奥村順一が独断で展開する「東京アウトローズ」裏バージョン。反米・日米安保粉砕。安倍極右政権打倒、沖縄辺野古新基地建設阻止、在日米軍は即時撤退せよ。多国籍企業を利する「日米FTA」交渉に断固反対。非正規労働者の党と反資本主義潮流を。体制の補完物である大手メディア批判、そして全世界で闘う人民大衆の動きにも眼を向けていきたい、と思います。私たちは独自の視点から大企業・独占資本の不正をあばく「戦闘的ゲリラ・マガジン」を目指します。
  • Twitter@東京アウトローズ

訪問者


「原発利権」白川司郎による言論弾圧弾劾!!

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

広告

無料ブログはココログ