« 追及第1弾!葛飾区役所、「指定管理者」決定に〝談合疑惑〟 | トップページ | 財界展望、平成電電の「架空リース疑惑」を報じる »

2005年10月28日 (金)

追及第2弾!葛飾区役所は何故、「指定管理者」選定で二次公募をしたのか

松の内の残り香が漂う葛飾区役所総務部企画課。中澤明・同課係長の叱責に近い追及に、ケイミックス社員は為す術もなかったようだ。中澤係長、今関総一郎・企画課長の怒りがどのようなものかは不明だが、その後の展開は今関課長らの思惑通りに動いている。

桜が散り、若葉の季節となった05年5月中、下旬の2回にわたり、指定管理者選定に関する現場説明会、公募説明会が相次いで開かれた。その席には当然というか、予想通りと言おうかケイミックス社の姿はなかった(この件について、同社に取材したが、「担当幹部が海外出張中で、事情の分かる者がいない」との対応であった)。

そして、6月13、14日の第一次審査に応募したのは4団体である。本命と見られた葛飾区文化国際財団のほかは、シグマ・伊藤忠グループ、NTTグループ、アクティオである。その10日後の6月24日、2回目の選定委員会が開かれ、120点を獲得したA社がトップ、96点のB社が2番、87点のC社が3番、79点のD社が4番となった。
「A社はNTTグループです。B社がシグマ・伊藤忠、C社が財団です。アクティオは4番目でした」(区役所職員)。

審査のやり方は、こうだ。応募社の適格性、実績・経験(45点)、業務遂行能力(60点)、業務遂行方針(45点)について、150点満点で審査委員が判断した点数を加算したものである。因みに、選定委員は以下の人々だ。秋山収(前内閣法制局長官)、小林隆(東海大学政経学部講師)、佐々誠一(あずさ監査法人代表社員)、加藤恒夫(社団法人企業メセナ協議会専務理事),大和滋(社団法人芸能実演家団体協議会芸能文化振興部長)結城享(音楽評論家)、渡辺保(放送大学教授)、青木克徳(葛飾区政策経営部長)。

さて、審査結果を見ると、実績・経験でNTTは34点、財団が31点、シグマは28点だ。ところが、業務遂行能力では、NTTが46点、シグマが43点、最下位のアクティオも46点だが、財団は何と27点。「現時点で、人もアイディアも覇気もないという評価」と受け取れる。さらに、業務遂行方針では、NTTが40点、財団が29点、シグマが25点、アクティオが16点だ。「結局、指定管理者制度を導入する以上は、今まで通り財団を当選させたのでは、制度導入の意味が無い。といって、財団じゃなく、文化会館ホールの総合管理・施設維持業務を長年受託し、実績も改革アイディアも持つケイミックスが応募したんじゃ当選の可能性が出てくる。これも困る。つまり、この二者以外なら、どの企業でもいい、という考えだったんだ」(事情通)。

取り敢えずの審査選定を書き、項目評価などの詳細は次稿以降に譲るが、問題はその後である。1位で選定されたNTTグループが8月12日、突如、当選を辞退してしまったのである。それも、信じられない理由であり、場合によっては、区職員が地方自治法違反に問われる事を示唆する形で、である。そればかりではない。この「8月12日」は、また、別の重要な日付を意味していた。(続く)

« 追及第1弾!葛飾区役所、「指定管理者」決定に〝談合疑惑〟 | トップページ | 財界展望、平成電電の「架空リース疑惑」を報じる »

コメント

葛飾区役所の一職員 (2005/10/28 15:43:51)
地方自治法違反の疑いを示唆とは、いよいよこの疑惑が事件に発展するということですね。貴誌の続報に期待します。

区役所OB (2005/10/28 15:58:26)
選定委員会

区役所 (2005/10/28 16:09:44)
選定委員会なんていい加減ですよ。メンバーー?、トップが秋山収・前内閣法制局長官。いかにも、田舎役人の好みそうな人選です。でも、秋山さんは、官庁が国会に提出する法案の審査にはベテランでも、指定管理者選定の項目、ホールの運営、維持管理、営業、食堂の営業、そんなものには、(以下は私の想像) 造詣はありませんわなぁ。逆に、あったらおかしい。じゃ、どうするか?簡単ですよ。事務局が作ってきた点数表を了解するだけです。食事と車代と日当と。ホールの運営がどうなろうが関係ないですわな。他の委員も大半は同様です(私の想像終わり)。問題は、その点数配分がどのように作られたかです。

区議 (2005/10/28 16:18:14)
七氏へ、下っ端の女への追求はヤメロ。セクハラでもパワハラでも、お前を議会で追及してやる。もちろん、当選したらだけどな。真の原因は、区長サイドが変な取り巻きの口車に乗って、最終的に文化ホールの指定管理者を東急エージェンシーにするよう仕組んだからだ。もちろんカネも動いている。だから、警視庁も亀有警察も関心をもっているんじゃないか。もっと、大所高所から物事を見たまえ。

東急の下請け (2005/10/28 16:30:48)
さっぱり、話が分からない。追及第二弾までを読んだ限りでは。何故、最後に東急エージェンシーが出てきて、政界の黒幕の前野さんになるの?。金額も8億円っていうし。でも、東急エージェンシーなんて、指定管理者になったって、何もできないよ。そんなことやってないんだから。どっかに丸投げするだけだよ。分かりきってるじゃん。そうか、指名、丸投げでダブルで儲け、抜いて、ウラ献金か。ナルホドネ。貴誌も早く,書いてくださいな。事実を。

終戦の3日前 (2005/10/28 17:13:44)
8月12日、何があったのですか?、次が楽しみだな!!

奈々氏 (2005/10/28 22:35:52)
議会で追求?爆笑www

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 追及第1弾!葛飾区役所、「指定管理者」決定に〝談合疑惑〟 | トップページ | 財界展望、平成電電の「架空リース疑惑」を報じる »

「真相レポート」発刊のお知らせ


  • 「東京アウトローズ」創刊から15年。編集長・奥村順一と「財界展望」(現ZAITEN)編集部の元メンバーがここに結集し、新媒体『真相レポート』を発刊します。われわれの強みは、企業スキャンダル、経済事件などの分野で他の追随を許さない情報ネットワークと、何をも恐れない意志力にある、と自負しています。今後の展開にご期待ください。
  • http://shinsou-report.com/

Twitter@奥村順一


  • 編集長・奥村が裏情報などいろいろとつぶやきますので、よろしければフォローお願いします。
  • @TokyoOutlaws | Twitter

内部告発・情報提供を求む

  • 内部告発・情報提供はFAX 03-5837-4872 もしくはtokyo-outlaws@nifty.comまでお願いします。本誌スタッフが取材し、記事化いたします。

アウトサイダーズ・レポート


  • 「東京アウトローズ」でエナリス粉飾決算事件などを報じた半田修平が独立。「総提灯記事化」するマスメディアに対抗し、〈インサイダー〉とは一線を画した言論を展開する。
  • OUTSIDERS report

Twitter@東京アウトローズ


  • マルクス主義を標榜する編集長・奥村順一が独断で展開する「東京アウトローズ」裏バージョン。反米・日米安保粉砕。安倍極右政権打倒、沖縄辺野古新基地建設阻止、在日米軍は即時撤退せよ。多国籍企業を利する「日米FTA」交渉に断固反対。非正規労働者の党と反資本主義潮流を。体制の補完物である大手メディア批判、そして全世界で闘う人民大衆の動きにも眼を向けていきたい、と思います。私たちは独自の視点から大企業・独占資本の不正をあばく「戦闘的ゲリラ・マガジン」を目指します。
  • Twitter@東京アウトローズ

訪問者


「原発利権」白川司郎による言論弾圧弾劾!!

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

広告

無料ブログはココログ