« 大型台風14号、自公両党の追い風となる〝皮肉〟 | トップページ | 東証2部・大盛工業「株価操縦」疑惑、事件化か!? »

2005年9月 9日 (金)

「杉並、中野水害」もはやこれは人災ではないのか!?

水害はニューオリンズだけではなかった。4日夜、局地的な大雨が首都圏を直撃。各地で道路は冠水し通行止めとなり、住宅の浸水が相次いだ。とくに、川が氾濫した杉並区、中野区の被害は大きく、1500戸以上が床下・床上浸水した。すでに、東京都(=写真)は両区に「災害救助法」の適用を決めた。

それにしても、何故、都内でこの両区に被害が集中したのか。もちろん、1時間に100ミリを超す雨が3時間近く局地的に降ったこともあるが、原因はそれだけではなかった。

何と驚いたことに、今回氾濫した善福寺川(杉並区)と妙正寺川(中野区)は、1968年以降、ほとんど河川改修工事が行われてこなかったのだ。都内の河川は戦後、1時間30ミリの降雨量に耐えられるように整備されてきたが、68年に整備目標が50ミリに改められた。しかし、それから35年以上経った現在でも、都内の河川で整備が終わっているのは6割程度なのである。

東京都建設局河川部は次のようにいう。
「川幅を広げたり、川底を掘ることによって川の断面を広げる、河道拡幅工事は下流から進めてきたため、都内の中小河川で整備が終わっているのは約6割です。善福寺川、妙正寺川は川沿いの用地買収も難しく、整備は途中の段階です」

つまり、今回氾濫した善福寺川、妙正寺川は、1時間30ミリの降雨量にしか耐えられない構造になっていたのだ。また、この地域の下水道も整備が進んでおらず、1時間30ミリの降雨量しか飲み込めない構造になっていた。

これでは、1時間に100ミリ以上の雨が降れば、一溜まりもない。今回の大雨は、図らずも首都ライフライン機能の〝お粗末さ〟を露呈させた。一体、この責任は誰がとるのか。ちなみに、石原・東京都知事は台湾に行っており、不在。まだ現地の視察にも訪れていない。

« 大型台風14号、自公両党の追い風となる〝皮肉〟 | トップページ | 東証2部・大盛工業「株価操縦」疑惑、事件化か!? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130981/6527777

この記事へのトラックバック一覧です: 「杉並、中野水害」もはやこれは人災ではないのか!?:

« 大型台風14号、自公両党の追い風となる〝皮肉〟 | トップページ | 東証2部・大盛工業「株価操縦」疑惑、事件化か!? »

Twitter@奥村順一


  • 編集長・奥村が裏情報などいろいろとつぶやきますので、よろしければフォローお願いします。
  • @TokyoOutlaws | Twitter

内部告発・情報提供を求む

  • 内部告発・情報提供はFAX 03-5837-4872 もしくはtokyo-outlaws@nifty.comまでお願いします。本誌スタッフが取材し、記事化いたします。

アウトサイダーズ・レポート


  • 「東京アウトローズ」でエナリス粉飾決算事件などを報じた半田修平が独立。「総提灯記事化」するマスメディアに対抗し、〈インサイダー〉とは一線を画した言論を展開する。
  • OUTSIDERS report

Twitter@東京アウトローズ


  • マルクス主義を標榜する編集長・奥村順一が独断で展開する「東京アウトローズ」裏バージョン。反米・日米安保粉砕。安倍極右政権打倒、沖縄辺野古新基地建設阻止、在日米軍は即時撤退せよ。多国籍企業を利する「日米FTA」交渉に断固反対。非正規労働者の党と反資本主義潮流を。体制の補完物である大手メディア批判、そして全世界で闘う人民大衆の動きにも眼を向けていきたい、と思います。私たちは独自の視点から大企業・独占資本の不正をあばく「戦闘的ゲリラ・マガジン」を目指します。
  • Twitter@東京アウトローズ

訪問者


「原発利権」白川司郎による言論弾圧弾劾!!

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

広告

無料ブログはココログ