« 「杉並、中野水害」もはやこれは人災ではないのか!? | トップページ | 某有名銀行の未公開株が市中で出回る »

2005年9月10日 (土)

東証2部・大盛工業「株価操縦」疑惑、事件化か!?

TBSが昨日、「JMネット、架空事業で株価つり上げか」とのニュースを流した。
http://news.tbs.co.jp/

ニュースの中では、「東証2部上場の建設会社」と名前は伏せられているが、これが「大盛工業」であることは明らかだ。02年11月、「携帯電話の充電口にアダプターを取り付ければ、月額4500円で掛け放題」━━━こんな夢のようなIP携帯電話事業を発表したのが、大盛工業の子会社「ジャパンメディアネットワーク」(JMネット)だった。

20050910122638当時、大盛工業は2期連続で債務超過に陥り、上場廃止の危機に瀕していた。株価も25円前後だったが、このJMネットの新事業発表を機に株価は急騰。翌03年1月27日には高値110円をつけている。25円前後のボロ株が、わずか2カ月余りで4倍に大化けした。

そして、この発表の直前に、英領バージン諸島にあるケグワースホールディング・リミテッドが50億円分の新株予約権(権利行使価格25円)を取得。すでに、この時、ゲグワース社は他の海外ファンドから大盛株1000万株を譲渡されていた。その後、ゲグワース社は市場外譲渡を繰り返していたとされる。

TBSの今回の報道によれば、ゲグワース社には実体はなく、新株のほとんどがJMネットの幹部に渡っていたという。JMネットの夢のような事業は結局、頓挫しているが、これまでにも多くの代理店から〝怨嗟の声〟があがっていた。
「大盛株を買い支えたのは、JMネットの代理店などから口コミで広がった一般の投資家だった。その一方で、JMネットの架空話を仕掛けた連中が売り浴びせていたのだから、これは悪質です」(この問題に詳しいジャーナリスト)

〝遅きに失した感〟は否めないが、すでに捜査当局も証券取引法に抵触する疑いがあるとして実態解明を進めているとされる。

ある事情通は次のようにいう。
「大盛を仕掛けた連中がその後、向かったのは、メディアリンクスとゼクーだった」
いずれも、上場廃止になっている〝いわく付きの銘柄〟である。事件がどのように発展するのか、今後の動向が注目される。

« 「杉並、中野水害」もはやこれは人災ではないのか!? | トップページ | 某有名銀行の未公開株が市中で出回る »

コメント


私は、22年6月
民間臍帯血バンク
株式会社シービーシーの未公開株振り込め詐欺被害者の1人です


北国新聞に載せてもらい、そのあと北陸放送のTVニユースにでました。
http://www.hokkoku.co.jp/subpage/H20121005101.htm
>2012/10/05 ? 白血病治療などに使われる「さい帯血」を保管する事業を展開する会社の
株を購入するよう勧められた。その直後、まったく同じもうけ話を別の仲介業者からも
持ち掛けられた。 男性の脳裏に「詐欺」の言葉がよぎったが、
「購入株は3倍の値で …


私は800万円のうち295万円 シービーシーの投資金、
山田光昭より返金されました。

1時期、山田光昭がTELに出なかったので、山田の銀行を凍結しました。


山田光昭が楽天証券との取り引きに使ってた銀行です、
山田光昭と一緒に逮捕された、無職の松本幸彦容疑者(54)
も、この口座にお金を振り込んでます。

残金386円しか残ってない事から、詐欺集団の、通過口座だと思います。


 
消滅手続が開始された対象預金等債権
■対象預金口座等に係る No. 1219-0009-0009
 金融機関  三井住友銀行
 店舗  日本橋東支店
 コード  034
 預金等の種別  普通預金
 口座番号  ********
 名義人の氏名又は名称  ヤマダ ミツアキ
 対象預金等債権の額(円)  ★386
 権利行使の届出等に係る期間 開始  2013年1月5日 0時 満了  2013年3月6日 15時


24年6月8日
振り込め詐欺常習会社
民間臍帯血バンク株式会社シービーシーの宍戸大介が死亡した後の
エコプランニング山田光昭の返金方法です。

エコプランニング山田光昭は逮捕されました。
警視庁捜査2課より
「山田はたくさんの詐欺もどきに絡んでいる、捕まえたとき、裁判所からの通知が沢山あった。」


私は、山田光昭がシービーシーの宍戸大介が死亡した後
そのまま逃げるか、電話に出なくなる、と思ってましたが
逮捕されるまでキッチリ対応してくれました。
私は、山田光昭は本気で返金しようとしていた、と今でも思っています。


山田光昭の返金方法  24年8月終わりから

「シスウェーブの株価をわれわれの仲間と意図的にあげる、
訳あり会社、放射能除去植物を植える事業を、シスウェーブが
インドネシア政府とする、バイオ燃料にもなる
イネ科の植物ソルガムの栽培を、東京農業大学が沖縄で実験して成果があった。
インドネシアでは4毛作、9月4日週刊朝日に載る。3割は確実
それで、シービーシーの投資金を返金する」
と言ってきました。

株価は山田光昭の予想どうりに動いてました。

9月4日週刊朝日に載る予定だったが、遅れたとの理由で
週刊朝日には10月の記事になっていました。
http://vssaitaiketu.hatenadiary.jp/entry/2014/01/30/201903

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130981/6527842

この記事へのトラックバック一覧です: 東証2部・大盛工業「株価操縦」疑惑、事件化か!?:

« 「杉並、中野水害」もはやこれは人災ではないのか!? | トップページ | 某有名銀行の未公開株が市中で出回る »

「真相レポート」発刊のお知らせ


  • 「東京アウトローズ」創刊から15年。編集長・奥村順一と「財界展望」(現ZAITEN)編集部の元メンバーがここに結集し、新媒体『真相レポート』を発刊します。われわれの強みは、企業スキャンダル、経済事件などの分野で他の追随を許さない情報ネットワークと、何をも恐れない意志力にある、と自負しています。今後の展開にご期待ください。
  • http://shinsou-report.com/

Twitter@奥村順一


  • 編集長・奥村が裏情報などいろいろとつぶやきますので、よろしければフォローお願いします。
  • @TokyoOutlaws | Twitter

内部告発・情報提供を求む

  • 内部告発・情報提供はFAX 03-5837-4872 もしくはtokyo-outlaws@nifty.comまでお願いします。本誌スタッフが取材し、記事化いたします。

アウトサイダーズ・レポート


  • 「東京アウトローズ」でエナリス粉飾決算事件などを報じた半田修平が独立。「総提灯記事化」するマスメディアに対抗し、〈インサイダー〉とは一線を画した言論を展開する。
  • OUTSIDERS report

Twitter@東京アウトローズ


  • マルクス主義を標榜する編集長・奥村順一が独断で展開する「東京アウトローズ」裏バージョン。反米・日米安保粉砕。安倍極右政権打倒、沖縄辺野古新基地建設阻止、在日米軍は即時撤退せよ。多国籍企業を利する「日米FTA」交渉に断固反対。非正規労働者の党と反資本主義潮流を。体制の補完物である大手メディア批判、そして全世界で闘う人民大衆の動きにも眼を向けていきたい、と思います。私たちは独自の視点から大企業・独占資本の不正をあばく「戦闘的ゲリラ・マガジン」を目指します。
  • Twitter@東京アウトローズ

訪問者


「原発利権」白川司郎による言論弾圧弾劾!!

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

広告

無料ブログはココログ