« 環境省が推し進める「クールビズ」の〝絶対に言えない本音〟 | トップページ | マスコミが片岡郁美氏に「事実確認」のため殺到 »

2005年8月 8日 (月)

NEC系産廃会社シンシア、横浜進出に地元で強い抵抗

20050808002921

福島県の最終処分場建設(原町共栄クリーン)を巡って、10年来の暗闘が暴力団、右翼、エセ同和によって繰り広げられたことは既に報じた。

この〝暗闘劇〟の中心に位置していたのは、NECが40%以上を出資する産廃会社「シンシア」であり、現会長の中西雄三氏である。中西氏は、関本忠弘NEC元会長を追い落とすため、某エセ左翼組織(前橋市)に巨額資金を提供するなど、西垣浩司氏が社長に就任して以降の〝NECの裏面〟に深くかかわってきた人物である(その詳細については、本誌・編集長の奥村が月刊経済誌「財界展望」02年3月号から長期連載しているので参照していただきたい)。

01年12月、シンシアは少なくとも11億円の使途不明金を発生させ、福島県原町市の最終処分場建設から撤退。しかし、建設予定地はすでに山林も伐採され、工事用道路が虚しく続く広大な禿山と化している。予定地を放置したまま撤退したシンシアに対し、社会的責任を問う声が地元からおきるのは当然だ。

そのシンシアが、今度は横浜市に進出するという。すでに今年1月末に市有地売却の入札が横浜市で行われ、子会社の「横浜金沢シンシア」が落札。しかし、この入札のやり方が実におかしなものだった。驚いたことに、横浜金沢シンシアとA社を加えた2社の入札価格が、33億3333万3333円と同額だったのだ。

しかも、開札は入札者の目の前で封を切るのが一般的だが、今回の入札では仕切りの向こうで入札者の見えない所で開札され、15分近くもかかったという。この〝空白の15分間〟に何があったのか?

「もともと、横浜金沢シンシアの入札価格は空欄だった可能性がある。A社の価格を見て、市の担当者が書き入れたのではないか」(地元事情通)との疑惑まで持ち上がっている。すでに、この担当者は追及を逃れるかのように、他の部署に配置転換になってしまったという。

結局、事前に流れた「談合情報」通り、クジ引きで横浜金沢シンシアが落札。しかし、この結果に激怒したのがA社である。入札に不正があったとして、A社は3月、横浜市に対して「地位確認」を求める民事訴訟を提訴するに至っている。

地方自治体では、よくありがちなことだが、こうした疑惑があるにも拘わらず、6月20日、横浜市議会はこの「市有地売却」を通過させてしまった。しかし、土地の引き渡しが行われるのは、上物が完全に撤去される9月以降と見られている。しかも、横浜金沢シンシアは売買代金の10分の1の保証金を積んだだけで、売買代金を完納したわけではなく、所有権の移転登記にはまだ間がある。A社が起こした民事裁判の展開次第では、今後、この問題が二転三転してもおかしくない情勢だ。

実は、本誌は「シンシア横浜市進出」の情報をかなり早い段階から入手していた。「WEB速報版」において、昨年10月31日と12月27日の2回にわたって情報を発信している。
http://www.tokyo-outlaws.org/cgi-bin/new/ezjoho.cgi

その際にも指摘したが、今回の入札は、すでに産廃施設のプランが横浜市との間で出来ており、同市がシンシアに市有地を実質上払い下げるための〝儀式〟に過ぎなかったのではないか。本誌が入手した資料の中には、横浜金沢シンシアの定款と共に、事前に長い時間をかけてつくられたと思われる「事業計画」をチャート化したものが含まれている。

こうなると、中田横浜市政とシンシアの間に何があったのか、ますます大きな疑念が湧いてくるというものだ。

【写真】「横浜金沢シンシアに売却が決まった問題の市有地、昨年10月撮影」

« 環境省が推し進める「クールビズ」の〝絶対に言えない本音〟 | トップページ | マスコミが片岡郁美氏に「事実確認」のため殺到 »

コメント

野中めぐみです。
株式会社シンシア
東京都品川区南大井6丁目26番3号
大森ベルポートD館6F 〒140-0013
TEL 03-3764-5300(代表)
FAX 03-3764-5347

株式会社横浜金沢シンシア
〒236-0004
神奈川県横浜市金沢区福浦一丁目5番2号
横浜市金沢産業振興センター3階
電話 (045)791-7553(代表)
FAX (045)791-7554

あのですね~真面目な話なんですが、うちの会社に、ものすごくアソコが臭いおばさんがいるんです。
その人の名は 今村保子と言います。会社の中西雄三会長の愛人です。結婚詐欺師だよ。白蟻社員です。
この人の後にトイレに入ると嘔吐しそうになるんです。
なていうか・・・オシッコとか、普通の臭いじゃないんです。
納豆をさらに腐らせてアソコにぬりつけて数日間お風呂に入らず放置したような臭い・・・。
最初は、生理かな?って思って我慢したんですけど、どうやら違う・・。
年がら年中同じ臭い!!
会社のトイレはメチャ混みなんです。だから、空いた順から入らないと並んでるみんなに迷惑が・・・。あ!おばさんの後かよ!と思って順番譲るのも失礼だし・・・。
どうしてか、いつも私がおばさんの後なんです。
気持ち悪くなってお弁当が食べれません。
病気なんでしょうか?いいえ多分自慢の香りかも。。。。
みんあ何とかして。。。。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130981/6523258

この記事へのトラックバック一覧です: NEC系産廃会社シンシア、横浜進出に地元で強い抵抗:

« 環境省が推し進める「クールビズ」の〝絶対に言えない本音〟 | トップページ | マスコミが片岡郁美氏に「事実確認」のため殺到 »

「真相レポート」発刊のお知らせ


  • 「東京アウトローズ」創刊から15年。編集長・奥村順一と「財界展望」(現ZAITEN)編集部の元メンバーがここに結集し、新媒体『真相レポート』を発刊します。われわれの強みは、企業スキャンダル、経済事件などの分野で他の追随を許さない情報ネットワークと、何をも恐れない意志力にある、と自負しています。今後の展開にご期待ください。
  • http://shinsou-report.com/

Twitter@奥村順一


  • 編集長・奥村が裏情報などいろいろとつぶやきますので、よろしければフォローお願いします。
  • @TokyoOutlaws | Twitter

内部告発・情報提供を求む

  • 内部告発・情報提供はFAX 03-5837-4872 もしくはtokyo-outlaws@nifty.comまでお願いします。本誌スタッフが取材し、記事化いたします。

アウトサイダーズ・レポート


  • 「東京アウトローズ」でエナリス粉飾決算事件などを報じた半田修平が独立。「総提灯記事化」するマスメディアに対抗し、〈インサイダー〉とは一線を画した言論を展開する。
  • OUTSIDERS report

Twitter@東京アウトローズ


  • マルクス主義を標榜する編集長・奥村順一が独断で展開する「東京アウトローズ」裏バージョン。反米・日米安保粉砕。安倍極右政権打倒、沖縄辺野古新基地建設阻止、在日米軍は即時撤退せよ。多国籍企業を利する「日米FTA」交渉に断固反対。非正規労働者の党と反資本主義潮流を。体制の補完物である大手メディア批判、そして全世界で闘う人民大衆の動きにも眼を向けていきたい、と思います。私たちは独自の視点から大企業・独占資本の不正をあばく「戦闘的ゲリラ・マガジン」を目指します。
  • Twitter@東京アウトローズ

訪問者


「原発利権」白川司郎による言論弾圧弾劾!!

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

広告

無料ブログはココログ